「インフラただ乗り」で始まるインターネットの新たな議論

引用:
インフラただ乗り論とは,インターネット上でビジネスを展開するサービス事業者も設備コストを負担すべきという考え方。例えば,映像配信などを提供する事業者に“ネットワーク利用料”なるものを新たに課すといった方法が考えられる。

参考URL:「インフラただ乗り」で始まるインターネットの新たな議論

投稿者 : webmaster  投稿日時:4月23日 (757ヒット0コメント


ネットの完全定額制もはや限界 事業者ら適正コスト検討

1年前の古い記事ですが、
引用:
月額5000円ほどで完全定額制が当たり前のブロードバンド(高速大容量)通信料が、利用量の多いユーザーについて、値上げや追加料金支払いが避けられない見通しとなってきた。

参考URL:ネットの完全定額制もはや限界 事業者ら適正コスト検討

投稿者 : webmaster  投稿日時:4月23日 (978ヒット0コメント


NHKの動画配信は「脱Webブラウザ」で「Web 2.0」を目指す

引用:
NHKは10月26日,マイクロソフトが同日開催した次世代Webアプリケーション開発カンファレンス「REMIX Tokyo」の基調講演で,2008年に開始する予定のインターネット動画配信で使用するアプリケーションのデモを実施した。NHKは動画配信にWebブラウザではなく,より表現力の高いWindows Presentation Foundation(WPF)ベースの「リッチ・クライアント」を使用する考えだ。

参考URL:NHKの動画配信は「脱Webブラウザ」で「Web 2.0」を目指す

投稿者 : webmaster  投稿日時:4月20日 (774ヒット0コメント


「データ大洪水でWebが悲鳴」米IIA警告:ITpro

引用:
ブロードバンドの普及を促進する団体Internet Innovation Alliance(IIA)は米国時間4月18日,インターネットのキャパシティが限界に近づいているとして,その対応を呼びかけた。IIAによれば,インターネットは,ビデオやダウンロードといった帯域幅を多用する用途が急増しているため,データの大洪水が発生しているという。適切に管理しなければ,インターネットの帯域幅に負担をかけ,既存の新しいアプリケーションの普及を妨げる可能性があるとしている。

参考URL:「データ大洪水でWebが悲鳴」米IIA警告
参考URL:Leading Internet Alliance Says Web’s Capacity is Nearing Its Limit

投稿者 : webmaster  投稿日時:4月20日 (868ヒット0コメント


« 1 2 3 (4)

pagetop